1. 2022鮎の稚魚を放流しました!

    3月15日、日田市漁業協同組合がアユ漁解禁に向けて、アユの稚魚約32万匹を放流しました。 今は体長5cmほどの稚魚ですが、これから夏にかけて、日田の川でぐんぐん成長していきます。大きいものでは30cmを超えるほど大きくな […]

  2. アユの稚魚

    2021鮎シーズン開始!~アユの稚魚受け入れが始まりました~

     こちらでもご紹介したとおり、日田市を流れる三隈川・大山川・玖珠川・津江川にはアユの天然遡上は一切ありません。  そこで、川漁師さんらで組織する漁業協同組合さん、通称「漁協(ぎょきょう)」が毎年、アユの稚魚を仕入れて放流 […]

  3. シーズン序盤で29㎝!巨大鮎の正体は?

     今回の記事では、鮎シーズン序盤に釣り上げられた巨大鮎についてご紹介します。  日田市で鮎漁が解禁して間もない令和2年5月28日。日田市天瀬町の鮎釣り名人である矢幡光明さんから1本の電話がありました。  矢幡さんは、鮎の […]

  4. 鮎漁ってどうやるの?~建網漁編~

    日田を含む筑後川水系では、毎年5月20日に九州で最も早く鮎漁の解禁を迎えます。解禁から6月14日までは、釣り人に満足いくまで鮎釣りを楽しんでもらいたいため「釣り」以外の漁は禁止されていますが、6月15日になると、いよいよ […]

  5. 日田でいつまでも鮎の姿を見ることが出来るように。~漁協の取り組み~

    コラムでもご紹介しましたが、日田の鮎は「水郷ひた」を代表する産品で、古くから漁獲量の多さや美味しさが全国的に知られていました。 しかし1954年に三隈川の下流部にダムが建設されて以来、三隈川に天然遡上の鮎はいなくなってし […]

  6. 日田の鮎のお話。

     日田と川のつながりを紹介するときに、「水郷ひた」というキーワードは外せません。 はじめてこのキーワードをみる方は、「すいごう・ひた」と読みませんでしたか?日田を冠するときは、濁らずに「すいきょう・ひた」と読みます。それ […]

  • 日田の鮎 お食事処一覧
  • 日田の鮎コラム
  • 鮎に関する取り組み
  • 鮎漁情報

お食事処カテゴリー

日田駅前・近郊エリア

  1. 游食庭琴ひらの鮎の塩焼き
    游食庭 琴ひら

    住所:日田市琴平町1571-1

    [飲食店]

  2. 次郎左衛門の味噌醤油蔵の鮎魚醤
    原次郎左衛門の味噌醤油蔵

    住所:日田市中本町5-4

    [お土産店]

  3. 八坂庵の小鮎天ぷら
    八坂庵

    住所:日田市隈2丁目6-11

    [飲食店]

  4. すし処おこぜ

    住所:日田市隈2丁目1-12

    [飲食店]

  5. 日田玖珠地域産業振興センターの鮎の甘露煮と鮎魚醤
    (公財)日田玖珠地域産業振興センター

    住所:日田市三本松2丁目3-1

    [お土産店]

  6. すてーき茶寮和くらの鮎鉄板焼
    すてーき茶寮 和くら

    住所:日田市隈2丁目4-13

    [飲食店]

天瀬・奥日田エリア

  1. 瀬音・湯音の宿浮羽の鮎の塩焼き
    瀬音・湯音の宿 浮羽

    住所:日田市天瀬町赤岩3-5

    [旅館]

  2. 山荘天水の鮎の塩焼き
    山荘 天水

    住所:日田市天瀬町桜竹601

    [旅館]

  3. さいランドの鮎の塩焼き炭火焼き
    やさいランド

    住所:日田市天瀬町馬原767-1

    [飲食店]

  4. 鳥たつ

    住所:日田市天瀬町桜竹667-2

    [お土産店]

  5. 木の花ガルテン大山店の鮎の炭火焼き
    木の花ガルテン大山店

    住所:日田市大山町東大山274-1

    [飲食店]

  6. 羽別館新紫陽の鮎の塩焼き
    浮羽別館 新紫陽

    住所:日田市天瀬町桜竹357

    [旅館]